赤ら顔とビタミンK

赤ら顔の改善にはビタミンKが効果的


何もしていないのにお酒を飲んだときのように頬が赤らんでしまう赤ら顔は、真皮層の毛細血管の働きに原因があります。

毛細血管というのは周囲に温度変化に応じて拡張、収縮する働きがあります。赤ら顔になるのは、何らかの原因から毛細血管が異常に拡張して血液が大量に流れ込むために起こります。

外的な要因では急激な温度変化、肌への刺激、内的な要因では緊張などが影響します。

本来は血液が顔に流れ込んでもそれほど周囲からは分かりませんが、色白だったり、表皮が薄く血管が透けて見える人だと、はっきりとした赤ら顔になってしまうのです。

特に冬場は室内と室外の寒暖差が大きいので赤ら顔になりやすい環境と言えます。

また、毛細血管の拡張から赤ら顔になりやすい人の肌は皮膚が薄く刺激に対して敏感で、乾燥肌であることも多いです。

ですので健康な肌の人と比べても血管が炎症を起こしやすく、毛細血管も広がりやすいのです。

肌は年齢だけではなく、ピーリングを頻繁に行うなど間違ったケアを続けることでも薄くなってしまいます。

一度薄くなってしまった肌は元に戻るまでに時間もかかりますし、薄い状態でほっておくと、外的な刺激から守れないため肌トラブルも起こりやすくなります。

急激に血液が増えたとしても時間と共に戻るものですが、血液が溜まったままになったり血栓となってしまうと、何もしていないのに頬が赤いままになってしまいます。

その増えた血液が色素沈着してしまえば、常に頬が赤く目立ってしまいます。肌が薄くデリケートな人の場合には常に刺激が加わっていることから慢性的な赤ら顔になってしまいます。

それ以外にニキビで起こる炎症や脂漏性皮膚炎などの炎症も原因となります。肌トラブルはその原因が収まれば、炎症も治まります

そうすると皮下組織に赤味が色素沈着してしまい、赤ら顔になってしまいます。 肌トラブルが治ったとしても、一度できてしまった色素沈着はそう簡単に消すことは出来ません。

レーザー治療などで一旦改善したとしても、肌が薄く肌トラブルが起きやすい状況ではまた赤ら顔を繰り返してしまうことは大いに考えられます。

一時的な症状ではなく慢性的に赤ら顔になってしまった場合には、ファンデーションで隠すことには限界があります。

この赤ら顔を根本的にこの症状を改善するために、ビタミンKが有効と考えられています。ビタミンKには出来てしまった血栓を溶かして血液の流れを正常に戻す働きがあります。

ビタミンKの作用で血液がスムーズに流れるようになりますので、血管が広がりにくくなり赤ら顔になることの予防をすることが出来るのです。

効果的に赤ら顔を改善するためには、赤ら顔が気になる頬にビタミンKを含む化粧品を直接塗ることです。

ビタミンKは毛細血管が原因の赤ら顔だけではなく、ニキビなど肌トラブルが原因の赤ら顔にも効果が期待できます。

ルが原因で炎症が起きて赤く色素沈着するような時にも、ビタミンKは色素沈着を防いでくれます。

すでに出来ている色素新着を抑えてくれることと、血管の拡張を防いで新たに赤味を作ることを防ぐことで赤ら顔を改善することに期待ができます。

赤ら顔をケアする化粧水【白漢しろ彩】はこちら


赤ら顔を治す方法