赤ら顔の体験談

赤ら顔で経験したイヤな体験


30代 男性 自営業

私は現在30代の男性で自営業です。

昔から私は、マラソンや暖房の効いた部屋で体温が温まると赤ら顔になります。

特に中学生のころは頻繁にマラソン大会があったのですが、毎回走らされることが嫌でした。

マラソン自体は私自身、割と速い方だったので特に嫌いではなかったのですが顔が赤くなってしまって、みんなにそのことについて言われるのがとても辛かったし、悩みでもありました。

ある日のことです。

その日はマラソン大会で、午前中から早速学校から学校の近くの川にあるマラソンコースまで歩かされます。コースはそこの河川敷から走って、橋を渡って向こう岸の堤防沿いを走ってからまた橋を渡って河川敷のコースに戻るという比較的シンプルなコースでした。

位置についてよーいどんという掛け声で次々とランナーが走っていきます。私は最初からペースを上げて途中でペースを少し下げて、ラストスパートという形が好きなのでそういう作戦を練っていました。

いつものコースとは違い視界が広すぎてペースをつかめず、作戦は思いのほか辛くなってきてゴール前ではいつも以上に必死にラストスパートをかけました。

学年ではトップクラスに入っていたのですが、この時に嫌なことが起こります。

ゴールして終わったクラスメイトが私に向かって、なぜそんなに顔が赤いのと聞いてきたのです。

そして周りに人だかりが出来てしまって、本当に赤いと言って最終的にみんなに囲まれてしまいました。

そして最終的には誰かがひと言言った「りんごみたい。」と言う言葉から私はその日からりんごというあだ名をつけられてしまいました。

それ以降、私の中学時代はずっとりんごと呼ばれていました。

あの時の出来事は未だに忘れられませんし、赤ら顔が本当に嫌でした。



20代 女性 主婦

赤ら顔はケアしても治らなかったり、赤ら顔をカバーするコスメでも改善しにくいのが悩みだったりします。

わたしは10代のとき、当時の悩みでもあったニキビをつぶしてしまったことで赤ら顔になってしまいました。

赤ら顔だと昼間でも「飲んでる?酔っぱらってる?」とからかわれるのがおおきな悩みだったりします。

悩み気にすればするほど赤ら顔になってしまい、赤ら顔がコンプレックスで自信をもてなくなってしまうので赤ら顔は深刻な悩みです。

周りでも赤ら顔の人は少なく、みんな色白だったりきれいな肌色の人が多くつい比較して落ち込んでしまうのも悩みでした。

赤ら顔の悩みをなんとかしようと赤ら顔の悩みについてのサイトを読み漁り、赤ら顔が治ったという方法があれば試し、赤ら顔が目立たなくなるというクリームやメイクがあればすぐ取り入れるものの、赤ら顔の悩みが解決することはありませんでした。

悩みを抱えたままだと何をしてもうまくいかず、赤ら顔を指摘されたり笑われたりするたびに悩みが深くなるので本気でなんとかしようと思い、体質改善を目指しました。

運動したりからだを温めたり、添加物の多い食べものを控えるなどしました。

すると赤ら顔がみるみる改善され、いつのまにかふつうの肌色になり赤ら顔の悩みは消えていました。

赤ら顔の悩みは人に理解されにくいものです。

悩みに悩み、悩み続け赤ら顔であるじぶんを恥じがちですが、恥じても赤ら顔の悩みがなくなることはありません。

赤ら顔を自覚する場合、赤ら顔の悩みのせいで諸々うまくいかない場合は赤ら顔の原因を突き詰め、赤ら顔に確実に効き悩みを解決できる方法を選ぶことが大事です。

赤ら顔は間違ったケアでは治りませんし。治らないと悩み続けることになり悩みは消えません。

赤ら顔を一時的にごまかしても悩みの根本解決にはならないので、赤ら顔の悩みには適切なケアが必要です。

赤ら顔についてまず調べ、試し、赤ら顔に少しでも効果があれば地道に続けるの悩み解決の第一歩です。 また、悩みすぎないことも大事です。悩みすぎると赤ら顔を気にしすぎてしまい、悩みが原因で悪化することもあります。

悩みすぎないということは難しかったりしますが、悩みを忘れ明るく前向きに過ごすだけでも色々と違ってきます。

赤ら顔はただしくケアすれば治ります、悩みすごないことをおすすめします。



40代 男性 会社員

色白な事もあり、中学生の頃からずっと赤ら顔で悩んでいました。

夏の暑い日にも暑さでほてって赤ら顔になってしまいましたが、冬の寒い日でもほっぺた周りが赤くなってしまって一年中いつでも赤ら顔の悩みを持っていました。

色白という事で皮膚が薄い為に血管が透けて赤ら顔の原因になっていると言われた事がありますが、メークで赤ら顔を隠す為にいつも頬を中心にしブルー系のフェイスカラーのコントローラーパウダーをはたいて一生懸命に赤ら顔をごまかすようにしていましたが、あまり効果が見られませんでした。

30代で仕事をしている時には営業職だったこともあって人と関わる事が多かったので、この赤ら顔が非常に大きなコンプレックスになっていました。

その頃には、赤ら顔用の強力なコンシーラーを使って厚塗りのファンデーションで対処していたのですが、頬の赤みというのはそういった濃いめのファンデーションでも通り越してしまうという特性があるようでした。

40代の今では、顔の肌が以前よりも白くなくなってきて、やや濃いベージュ系の色合いに変化してきたので以前のようなハッキリとした赤ら顔に悩まされる事はほとんどなくなりました。やはり赤ら顔は色白の女性の起こりやすいものだと改めて認識したのでした。

若い頃は赤ら顔は本当に恥ずかしいものでしたが、今となってはあの頃の色白の肌が羨ましくさえ思います。

年齢を重ねていくと色白の人も色素沈着などが起きてくるので透き通るような色白肌をキープすることはなくなるわけで、それに伴い長年悩んできた赤ら顔からは解放されたというのは、なんとも皮肉だと思いました。


30代 男性 会社員

いま30代後半の男性です。20代の頃に酷い赤ら顔で、悩みだったことがありました。現在の職業は赤ら顔の悩みも気にならない在宅でのネット関係の仕事です。

■赤ら顔が大きな悩みだった20代 20代の頃に赤ら顔が酷くて悩みの種なころは太り気味で、すこし動くだけで赤ら顔になってしまうという状態で、赤ら顔の悩みは深刻でした。

一人で行動するときはまだ赤ら顔になっても悩みに思わずマシなのですが、友人と行動したりするとき、自分が赤ら顔になっていることを指摘されてしまったりしないか、いつも悩みになりました。

女性と隣合わせや向かい合ってる時に赤ら顔なこともあり、そんな時は別にはずかしくて赤ら顔になってるわけじゃないのに、誤解されたりしてるだろうなと自暴自棄になり悩みが酷くなりそうでした。

そんな外見をからかわれることも悩みであり、常に赤ら顔を早く治して悩みの解消をしたいと思っていました。この悩みがなくなったらほかの悩みにも良い影響が出そうだということもありました。



■赤ら顔の原因究明と悩みの解消 私が赤ら顔で悩みはじめた原因は、皮膚が敏感になっていることもありましたが、生活習慣病で高血圧ぎみだったことも、赤ら顔に影響していました。

この赤ら顔の悩みを悩みでなくすために行ったのはダイエットです。太り気味なことが赤ら顔の悩みに影響していたので、まずは痩せることで、赤ら顔悩みを解消しようと思いました。

最初は効果が出ませんでしたが、痩せていくと赤ら顔は治っていき、多くの悩みのうちの一つの悩みが解消されつつありました。

赤ら顔の悩みは徐々に解消しましたが、実際に赤ら顔になっていないかというのは常に気になりました。多汗症も自分の悩みの一つであり、気温が上昇すると汗がでる悩みが、赤ら顔に影響しないかと思ったからです。

30代になってから赤ら顔になるケースは減り、悩みはほとんどなくなりました。自分の赤ら顔の悩みにはダイエットが一番効き目があったのが事実です。

ほかに赤ら顔の悩みの解消には、精神面や食事の改善も役立ちました。精神面では赤ら顔にならないよう頭に血が上らないように心がけました。

食事では高血圧を避ける食事が、赤ら顔の悩みを改善する方法になりました。赤ら顔になりやすい塩分過多、糖分過多な状況を避けるようにしました。

1日2食にしたことも赤ら顔の悩みの改善に繋がったでしょう。そして赤ら顔の悩みを治すため、できるだけ水分をとって排出することを心がけました。赤ら顔は長年悩みの種でしたが、この悩みが出たことで体質改善しようというきっかけになりました。


30代 女性 会社員

私は中学生の頃、赤ら顔であることで男の子に陰口をたたかれたりしてイヤな思いをしました。私の赤ら顔の原因はニキビによる炎症です。

中学生になった私の顔面はあっという間にニキビだらけになりました。

あまりにもひどかったため、同時に赤ら顔にもなってしまったのです。

顔のことを非難される日々は本当に苦痛でした。

本人はとても苦しんでいるのに、赤ら顔に無縁な人は傷つくようなことを平気で言うのですから。 暗黒の中学生時代を過ごした私でしたが、高校生になる頃にはニキビも落ち着いてきて一安心。

ティーン雑誌を読み始めてからはメイクすることを覚え、毎日学校にはファンデーションでメイクしてから通うようになりました。

赤ら顔を目立たなくするためには緑色のファンデーション下地がおすすめです。

下地をつけてからファンデーションでメイクをすると、あんなに醜い赤ら顔の私が鏡の中にキレイに映っているのです。

「メイクで人生を変えることってできるんだ!」

私はそれから明るくなり、楽しい高校生活を謳歌しました。

私の赤ら顔を引き起こした原因はニキビによる炎症でしたが、ベースメイクをすることで結果的にお肌をいろんな刺激から守ることになり、それが赤ら顔の改善につながったのだと思います。

メイクをすることによって、精神的なストレスが減ったことも良かったのでしょうね。

20歳を過ぎたころにはしっかりスキンケアもするようになったので、赤ら顔は自然に治っていましたよ。


赤ら顔を治す方法