冬の赤ら顔を治す

暖房での赤ら顔に効果的な対策!


「冬に屋外の寒い場所から暖房のきいた室内へ移動すると、頬が真っ赤になってしまい恥ずかしい。」

「1度火照るとなかなか戻らなくてりんごほっぺが嫌でたまらない。この体質をどうにか治したい。」

赤ら顔の人はこのような悩みを抱えている人がとても多くいます。

このような現象は、寒い屋外で毛細血管が収縮し、そのあと一気に拡張されることで起こります。それが冬の赤ら顔の原因です。

しかし、しっかり正しい対策をすれば赤ら顔は治せますので、赤ら顔を治したい人は諦めずにこれから紹介する方法を実践してみてください。

赤ら顔用化粧水第1位はこちら

赤ら顔の症状

効果的な赤ら顔の治し方5選

その1、温度差をなくすようにする
寒暖差
冬の寒暖の差での赤ら顔対策としては、できるだけ外出時には顔の部分をマスクやマフラーなどで覆い、顔の皮膚が受ける室内と室外の温度差をなくすことです。

先に述べましたが、冬の赤ら顔は寒暖の差で、毛細血管が収縮し拡張されることで起こりますので、それだけでもかなり効果的です。


その2、肌を刺激から強くする
赤ら顔の人は敏感肌で皮膚が弱い人が多いので、日頃から肌を強くする訓練をすると効果的です。

方法としは、熱めのお湯と冷水をそれぞれ洗面器に用意し、交互に10秒ずつ顔をつけるという方法がおすすめです。(数セット繰り返す)

温水冷水
繰り返し行うことで肌が外気から受ける刺激から強くなってきます。※毎日、長い期間続けることが大切です。

また、訓練後の保湿はしっかりおこないましょう。


その3、赤ら顔用の化粧水や美容クリームを塗る
赤ら顔用の化粧水
赤ら顔の赤みを抑える専用の化粧水や美容クリームが効果的です。
これらには血流をよくし血管が広がりにくくなる効果があるため、赤みが解消されます。

直接塗る方法ですので、毎日少しずつ効果が実感できるでしょう。

人によっては数回塗るだけで赤みが引く効果が実感できます。

赤ら顔用化粧水第1位はこちら

その4、ファンデーションで上から隠す
ファンデーション
根本的な解決策ではありませんが、ファンデーションを塗って赤みを見えなくするという方法はすぐにできる対策です。

日頃は、2と3の方法で根本治療をし、完治するまではファンデーションで隠すというのが最善の方法かもしれません。

ファンデーションは肌に優しい100%天然由来のものを使うようにしましょう。

その5、肌を黒くして目立たなくする
日焼け
赤ら顔の人は色白の人が多い傾向にあります。

肌の色を褐色にすることで頬の赤さを目立たなくさせるという方法もあります。

日焼けサロンへ行けば1年中、肌を褐色にすることができます。

また、日サロには行きたくないという人は、塗るだけで小麦肌にできるクリームもありますのでそちらがおすすめです。

1度、塗るだけで1週間程度日焼け肌を持続することができます。お風呂に入っても色は落ちません。

塗るだけで即効日焼け肌になれるクオリス ブロンズターナー


赤ら顔の改善に効果的な食事


赤ら顔に悩む人が体の中から、根本的に治すためにはどのような食事を摂る必要があるのでしょうか。

赤ら顔の人は、血管が収縮し血流の流れが良くない傾向にあります。

血流を良くし、血管を拡張するのに効果的な食材は、ひき割り納豆、パセリ、しそ、モロヘイヤ、あしたば、抹茶などです。

また、赤ら顔の人は、末端冷え性で血行が悪い人が多い傾向があります。

冬になると手や足の先が冷たくなり、顔だけが火照るという経験はないでしょうか?

そういった人は、全身の血流をよくする生姜や生姜のサプリを摂ると良いでしょう。即効性もあるので摂るとすぐに手や足の血流がよくなるのが実感できます。

すでに出来てしまった色素沈着を改善して、赤ら顔になった後の色素沈着を防ぐためにはビタミンC、ビタミンEが良いでしょう。

ビタミンCは野菜・果物に多く含まれて色素沈着の予防ができ、コラーゲンの生成を助けるために美肌には欠かせません。

ビタミンEはアーモンド、いくら、たらこなどに多く含まれていて、抗酸化力が高いので肌トラブル自体を抑えることができます。

ニキビのような肌荒れから赤ら顔になりやすい人の場合は、ビタミンを積極的に摂ることで予防することが出来ます。


赤ら顔を悪化させる生活習慣とは

実は赤ら顔は普段の生活習慣次第でも起こりやすくなります。

また、間違ったスキンケアで赤ら顔を引き起こしている場合があります。

例えば、洗顔のしすぎやゴシゴシと強く顔を洗うと肌に刺激になってしまうので、良くありません。

また、今使っている化粧品や洗顔料などがあなたの肌に合っていないということもあるかもしれません。

それ以外にもストレスも関係しているといわれているので出来るだけストレスがたまらないように工夫をしてください。

ストレスが溜まったり、リラックスしていないと呼吸が浅くなり全身の血液の循環が悪くなり、赤ら顔にも悪影響を及ぼします。

さらに、赤ら顔を意識しすぎると、そこに意識が集中しすぎることで症状が悪化することもありますので普段からリラックスしてあまり意識しすぎないようにすることも大切です。

呼吸を整える

リラックスできる効果的な方法としては、深い呼吸を意識して行うことです。常に呼吸を深くすることで自律神経が安定し、あまりマイナス思考にならなくなります。


【気持ちが安定する呼吸方法】

1、まず鼻からゆーっくり深ーく、吸えなくなるまで息を吸います。

2、そして吸えなくなったら、そこで息を10秒止めます。肩の力は抜きましょう。

3、その後に口からゆーーーっくりと少しずつ吐けなくなるまで息を吐き出します。全部吐き出し苦しくなったら、また、1に戻ります。

赤ら顔コンプレックスを克服したその先には

未来の自分

このページで紹介した中には、きっとあなたの赤ら顔を治す最適な方法があるはずですので、諦めずに試してみてください。

もし諦めそうになったら、頬の赤みが取れ今まで顔にあったコンプレックスがなくなった生活を想像してみてください。

赤ら顔でなくなったあなたは、自分に自信をもち今よりも堂々と、爽やかに楽しい時間を送っているはずです。

冬の暖房での赤ら顔を治すにはトップへ戻る